インプラント手術前にも色々な検査がある

私は名古屋の歯科医院で実際にインプラントの治療を受けた友人にその体験談を語ってもらいました。

「まず最初に実際にインプラント治療を施すことが可能かどうかの検査をするんだ。

虫歯や歯周病の有無の確認は基本中の基本だからね」「お医者さんが患者の口の中を確認するんだね」「肉眼はもちろんレントゲン撮影は絶対行うよ。

レントゲン撮影にも『パノラマ』『デジタル』『CT』の3種類があって名古屋の歯科医院でも医院ごとの独自の組み合わせがあるようだけど、僕の場合は全部やってもらった。

特に3次元の立体画像を撮影する『CT』は絶対外せないそうで、僕を担当してくれたドクターの話では名古屋の歯科医院で行われるインプラント手術で事前にCT撮影を行わないことはほとんどないそうだ」「それだけ重要なんだね」「手術にはもちろん、その後のメインテナンスのためにもレントゲン撮影は絶対に必要なそうだよ。

後は血液検査と歯形の模型作りといったところかな」私は何で血液検査が必要なのか疑問に思いましたが、インプラント治療が外科手術である以上、万全を期すために血液検査をしておいたほうが安全なようです。