一回法と二回法、名古屋でのインプラント手術ではどちらがお得?

名古屋の歯科医院でインプラント手術を受けた友人の話では、インプラントには1ピースタイプと2ピースタイプがあるという話でした。

「要するに顎の骨に埋め込む部分と上部の人工歯の部分、それを連結する部分があって1ピースタイプは埋め込む部分と連結する部分がくっついているんだね」「そう。

2ピースタイプは両者が分かれていて、それをネジでつなぐんだ。

この二つは手術法が全く違う。

1ピースタイプは一回法と呼ばれる一度の外科手術ですむのに対し、2ピースタイプは一回法で一度にやってしまう人もいるけど多くは二回法と呼ばれる二度にわたる外科手術を受けるんだ。

まず顎の骨にインプラント体を埋め込んだ後、三ヶ月から半年を経て一度は閉じた歯肉を切開して連結部分を装着するんだ」「何でそんな面倒くさい事をするのかな」「2ピースタイプは手術終了まで時間は掛かるけど、その分人工歯や連結部分の応用が効いて細かい調整が可能なんだ。

それに顎の骨が薄くて1ピースタイプの装着が不可能な人にも適用できる。

治療後に何かトラブルがあっても埋め込んだインプラント体はそのままにして連結部分から取り替えが出来るという利点も大きい」美容を気にする名古屋の女性の間では二回法が人気だそうです。